加藤けんいち

おだわらを拓く力(加藤けんいち後援会)

分かち合いの社会(協働の推進)

このコーナーでは分かち合いの社会の創造についてお話をさせていただきます。

この場所は小田原が生んだ偉人、二宮尊徳先生のご生家の場所でありますが、小田原では現在人口減少や少子高齢化また地域の絆の弱まりといったいろんな地域の課題を解決していくために『協働』ということをとても大切にしています。

協力しながら働くというふうに字を書きますが、この協働そして分かち合いの社会を作ることがこれからの時代はとても大切と考え取り組みを進めてきました。

これまで公共の課題ということについては一義的には行政がその課題の解決に当たるものとされてきましたし、その為に税金を納めているという考えの方も多いと思いますが、これから先も様々な課題が増えていく中では行政だけではなく地域の住民の方もそういった課題解決に力を発揮していただくことが不可欠です。

その際にボランティアの気持ちで、例えば地域の環境まちづくり、防災活動あるいは福祉の支え合い、こういったことに力を貸していただいたり、あるいは場合によっては様々な負担を財政的にもしていただきながら地域の課題に皆さんで協力していく、課題を分かち合っていく、楽しいことやうれしいことだけではなく、辛いことや難しいことも皆さんで負担を分かち合っていく、こういう取り組みはとても大切だと思っています。

幸い小田原ではこの精神、いわば報徳の精神に近いんですけれども、この精神に基づいていろんな課題解決の取り組みを協働で進める取り組みが動いています。

例えば身近な公園の整備を行政だけではなく地域の方たちがいろいろ知恵を出したり、あるいは労力を出し合って整備をする身近な公園プロデュース事業、あるいは地域の中で困りごとを抱えていらっしゃる方たちのために皆さんが労力を出し合って支え合っていく生活応援隊の事業、また身近な環境の改善に向けてそれぞれが施設に応じて草むしりをしたり環境美化を行っていく環境再生活動の事業、いろんな取り組みにおいてこの協働が小田原では育っています。

そういったことを進めていくことによって、これから人口減少、高齢化等の難しい課題が進んでいく地域のいろんな課題を、行政民間の方たちが力を合わせて解決していく、この分かち合いの社会づくりにさらに取り組んでいきたいと思っています。

次ページ:農林水産業ブランド化

動画 一覧