加藤けんいち

おだわらを拓く力(加藤けんいち後援会)

森森林ビジョン、木づかい

豊かな自然環境の保全と充実の中でこの豊かな小田原周辺の森を守り育てていく取り組みはとても大切なことだと思っています。

ここは森林組合が管理している『いこいの森』というキャンプ場ですけども、今ここには『いこいの森』のキャンプ場の利用者の方と、隣のわんぱくランドの利用者も含めて小田原市民だけではなく横浜、東京また川崎のあたりからも多くの方が訪れる非常に人気のスポットとなっています。

短期的にはこうして皆さんが身近に触れる森林をより使いやすくまた利用できるように整備をしていく計画ですが、より長いスパンで50年や100年先を見据えた観点で森の整備を進めていくことがとても大切です。

小田原市では昨年度から今年度にかけまして"森林ビジョン"の策定に取り組んでいます。

これは一世紀先を見据えて、豊かな森そして地元で使う材を算出する森、そして市民に身近な里山の整備、こういった構想を視野に入れて100年ぐらいかけて時間をかけた森づくりを進めていく考えです。

小田原市はここ数年来林野庁とも非常に良好な関係にあり、本市の職員も派遣し、また林野庁から農林振興担当課長も今4人目なのですが、招聘をしていまして、林野庁の施策のバックアップを受けながらこの森づくりに取り組んでいきます。

一世紀先にここに暮らす私たちの子孫が、豊かな森があってよかったと思えるようにこの森をデザインし、そして少しずつ手を入れていくその襷をしっかり繋いでいきたいと思っています。

次ページ:再生エネルギーの取り組み

動画 一覧