加藤けんいち

おだわらを拓く力(加藤けんいち後援会)

 2018年に臨んで
 新しい年が幕を開けました。世界的な政情不安や緊張の高まり、国内では政治への不信や無力感が漂う中、小田原市では第5次総合計画「おだわらTRYプラン」の後期6年がスタート。前期6年に進めた様々な課題解決の更なる推進に加え、「持続可能な地域社会モデルの実現」を明確に掲げ、市民の皆さんとの協働が着実に育っています。
 人口減少や超高齢化、ITやAIの進歩など、世の中の状況は未曽有かつ予測が難しい、大きな変化の局面にあります。私たちがこれから歩み入るその道のりが、より確かで真にゆたかな、希望ある社会への成熟に向かうためには、一人ひとりが、「人が生きていく上で、かつ、それが次世代へと繋がっていく上で、大切なものは何か?」をしっかりと見据え、日々に向き合っていくことが必要です。
 この5月で、市長職を拝命してから10年を迎えます。難しいからこそ確かな舵取りが求められる状況だからこそ、大地にしっかりと足を着け、不易と流行をわきまえ、市民の皆さんと希望も苦労も分かち合いながら、2018年も前に進んでまいります。
小田原市長 加藤憲一

トピックス

3つの柱

ASUサポーターズ募集中

パワーズプラス

加藤けんいち日記
お知らせ