加藤けんいち

おだわらを拓く力(加藤けんいち後援会)

加藤憲一のfacebookへ 加藤憲一のinstagramへ 加藤憲一のyoutubeへ

4月18日「加藤けいいんちを励ます会」の開催中止のご連絡

お世話になっている皆さまへ

来たる4月18日に、「加藤憲一市長を励ます会」の開催を予定しておりましたが、世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症が拡大する懸念が強いため、 たいへん残念ながら中止とさせて頂きます。

「励ます会」は、3期12年の市政についての成果と、これから更に歩みを進めるビジョンなどについて、これまで共に取り組んで頂いて来た皆さんと分かち合い、未来への展望を共有する大事な場でしたが、皆さんのいのち、健康を守り、地域に感染を広げるべきでない、との判断、加えて、私自身、現職市長として市民の皆さんのいのちを守る公務にできるだけ時間を割きたい、との考えもあり、やむなく中止とさせて頂くものです。

ご参加を予定されていた皆さんには申し訳ありませんが、 ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

小田原市長  加藤 憲一

新型コロナウィルス感染症に関する小田原市長メッセージ

2020年5月の小田原市長選挙に向けて

私は、来る5月の小田原市長選挙に立候補することを決意致しました。
 小田原だからこそ可能な、「新しい小田原」の到達点である「持続可能な地域社会」の実現に向け、市民の皆さんと心ひとつに、着実に歩みを進めてまいります!

2016年5月市長選挙において、3期目の任期を市民の皆さんから託して頂きました。市民ホールやお城通り再開発の着工などを含めて、前期で積み上げてきた課題解決の取り組みを着実に前進させるとともに、「持続可能な地域社会モデルの実現」を掲げ、人口減少・少子高齢化・各種社会インフラ老朽化・地域経済弱体化などの社会状況を能動的に克服するべく、市民との協働をさらに進化させ、更には様々な先駆的事業などへ果敢に着手してきました。そうした歩みは各方面からも高く評価され、2019年には「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」などに選定、また『地域循環共生圏』などのモデル事業にも採択されるなど、これまでの取り組みが成果として着実に形になりつつあります。

3期12年にわたり、「新しい小田原』の実現を目指し、一貫して市民力・地域力を何より大切に育てながら、一方で債務を圧縮し財政の健全化を損ねぬようにそうした様々な取り組みを進めてきました。

私たちは今こそ、「人にとっての幸せとは何か」「社会のほうとうの豊かさとは何か」といった、根源的な命題にしっかりと軸足を定め、「持続可能な地域社会」、すなわち、いつまでも皆が笑顔で暮らすことのできる、愛すべき「ふるさと」を、それぞれの地域の現場から創り出していかねばなりません。そして、人や自然、なりわいや文化など、豊かな地域資源に恵まれた我が郷土・小田原こそは、その実践を最も進めることができる地であり、この「歴史の峠」において、私たちが未来に向かって進むべき方向とその歩み方を、小田原での暮らしや営みの姿として示すことができると、私は確信しています。それが小田原のミッションであり、それを率いるのが、ここまで小田原市長を託されてきた私の使命であると銘じています。

この間の市民の皆さんと共に積み重ねてきた歩みは、一定の地点にまでたどり着いてはいるものの、いまだ道半ばであり、しっかりと仕上げをしていくことが必要です。取り組むべきことはまだ山積みしています。地域の現場で日々実践を行っている市民の皆さんと信頼関係を築き上げてきた市長として、責任をもって、手を緩めることなく、全身全霊で取り組まねばならないとの思いを新たにしています。

新しい小田原へ! 12年の歩み( 動画編 )

1.豊かな自然環境の保全・充実

2.課題を解決し、未来を拓く人づくり

3.地域コミュニティモデルの進化

4.いのちを育て・守り・育てる

5.「分かち合いの社会」の創造

6.「観光」による地域経済活性化

7.重要なまちづくり案件の適切な実現

8.インフラ・公共施設の維持と再配置

3つの柱

ASUサポーターズ募集中

パワーズプラス

加藤けんいち日記
お知らせ